個人文庫 石川英夫文庫
▼ 石川英夫文庫 メニュー
ページ
石川英夫(いしかわ ひでお)1922~

略歴: 1922年、東京生まれ。1943年東京帝国大学文学部東洋史学科卒業。東亜研究所、政治経済研究所を経て、52年時事通信者記者(農政担当)。61年から農政調査委員会(国内部長)。71年から農村開発企画委員会主任研究員・同専務理事。88年から同委員会常任委員、2000年研究顧問。ほかに農政ジャ-ナリストの会幹事などを歴任。
主な著書:『環境問題と農村空間』1991年 農林統計協会

私の知的遍歴(石川英夫)
 一般にジャ-ナリストに求められる条件は、「雑学の蓄積の量」であると言われる。が、それに加えてさらに求められるのは、その蓄積を系統化し、他人にそれを明確に伝達する能力であろう。また、諸々の学問領域のなかにあって、私が大学において選択したのは、歴史学という比較的に雑学性の強い学問であったことも、この文庫にして頂いた雑多な書目にも反映されている。私のこの文庫に納められた冊数の3倍余は別に所蔵している。
 それは、私が知的遍歴の途次比較的長くとどまった学問分野が、(1)東洋史学・中国問題、(2)日本の農地改革、(3)日本の農政・構造問題(国際比較のための外国事情の調査研究を含む)、(4)日本および諸外国の農村政策という具合に、ほぼ十数年ごとに変動したことも、その雑多性の根源になっている。この石川文庫に収録された書籍は、上記のような私の知的遍歴の第一段階で収集したもので、戦時中および戦争直後の出版物の製作並びに流通に不便な頃につくられたものが多く、なかには少しく珍本に属するものもあると存じ、その取捨・選択は農文協図書館にお願いし、搬入させて頂いた次第である。残余の蔵書は自宅にあり、閲覧希望者には応じる(当館に申し出下さい)。

<蔵書明細表>旧館5階閉架書庫a列(閲覧はなるべくご予約を) 
NO.28 件名 図書数
5F-IHa-01 日本資本主義論、農村問題、マルクス主義関連資料、ソ連・アメリカ・西ドイツ農業 206
5F-IHa-02 支那(中国)の農業、毛沢東関連資料 190
5F-IHa-03 日本の経済と農業 211
5F-IHa-04 農業農民問題 254
.              合計 861